FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUCCI

GUCCIは、メンズのアイテムも多くルイヴィトンに次ぐ 人気ブランドです。GG柄のモノグラムはシックで高級感があふれます。グッチは若い子にも年配の方にも、男性も女性も子供や赤ちゃん、 ペットまでオールラウンドに対応したブランドです。

GUCCIの血塗られた歴史

GUCCIのアイテムを知る前に、少し歴史について勉強しておきましょう。 グッチの歴史は、イタリアのマフィアのように血塗られた悲劇の家族の話でもあります。 創業者の「グッチオ・グッチ」がフェレンツェ(今も本店はフェレンツェにある)で 革製品の販売会社を創業。旅行かばんと馬具の革製品が中心でした。

後にヒット商品となるグッチの財布、ハンドバッグや小物も開発。 実は製品にデザイナーの名前を入れて販売した元祖でした。ですので「ブランド」の元祖は グッチなのかもしれませんね。その後イタリアの貿易禁止に伴い皮革が手に入りにくくなった ため、別の素材も合わせて製品を開発。この時代から息子の「アルド・グッチ」もいっしょに 経営に携わります。

1953年、グッチオが死去してから家族内の内紛が絶えなくなります。その後時代は過ぎてゆき 1995年ついにマウリッチオ・グッチが射殺され殺人が起こりました。そのころの経営者パオロ・グッチも 死去したことにより、ブランドGUCCIとしてのグッチ家の経営は終わりました。

GUCCIの製品と有名人

GUCCIの歴史には、華やかな有名人が出てきます。「ティファニーで朝食を」や 「ローマの休日」で有名な「オードリー・ヘップバーン」。 ハリウッド女優でモナコ公国の王妃となった「グレース・ケリー」、それに 故ジョン・F・ケネディ大統領夫人の「ジャクリーヌ・オナシス」など。 ケネディ大統領夫人の愛称「ジャッキー」をとって今もグッチの「ジャッキーバッグ」は 親しまれています。(グレース王妃の場合は、エルメスの「ケリーバッグ」となった)

GUCCIとトムフォード

トムフォードは、GUCCIのデザイナーとしてまた、クリエイティブ・ディレクターとして 経営難のグッチを救った人間です。数々の賞を受賞し見た目もかっこよくモデルもいける モテおやじです。2003年の秋にグッチから身を引いています。

GUCCIとイヴ・サンローラン

GUCCIは、イヴ・サンローラン(Yves Saint LAURANT)を買収しました。そのときに デザイナーにトム・フォードが就任にましたが、2002年1月22日のパリ オートクチュール・ コレクションで、オートクチュール部門は閉鎖。プレタポルテ「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」 のみのデザイナーとなったのです。

GUCCIのニセモノ

GUCCIは、偽者に関しては厳しいブランドです。ですがこれくらいのブランドになると 次々と偽者が出てきます。対処法としては、「安いのはまず疑う」ことです。 オークションなどでも極端に安いものは危険ですので注意しましょう。

グッチの情報とお買い物、グッチを徹底解説

グッチの商品はアイテム数がありすぎます。そこで価格比較などができる情報サイト が役に立ちます。「グッチ財布やバッグをお探しなら」 グッチマニアで見つかります。 また、歴史やデザイナーに関する書籍の紹介や、日本全国グッチの路面店から百貨店 デパートなどを網羅。お買い物の手引きとしてご利用ください。

グッチのマネークリップが面白い

グッチのアイテムで少しマイナーなものを紹介します。それはマネークリップ。 お札を挟んだり、ポイントカードも挟んだり‥こちらが、 「グッチマネークリップの種類」について詳しく書いてあるサイトですので、 興味のある人はどうぞ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。